weed

矯正歯科(テスト)

インプラントの堀川歯科診療所ホーム > 矯正歯科(テスト)

矯正治療

出っ歯や八重歯、デコボコの歯並び、受け口、すきっ歯など、これら問題のある歯並びのことを不正咬合(ふせいこうごう)といいます。
矯正治療は、これら不正咬合の見た目を綺麗に整えるだけでなく、噛み合わせのバランスまで改善し、しっかり噛めるようにする治療です。
様々な装置で歯を動かしたり、お子様の場合は、顎の骨の成長をコントロールすることで治療を行います。

矯正歯科サンプル

子供の矯正

矯正治療を始める時期
治療をはじめるタイミングは、歯並びによっていろいろです。早い治療が望ましい場合は6歳前後ごろ、それ以外は10歳〜13歳ごろの乳歯から永久歯に生えかわる混合歯列期と呼ばれる次期に始めるのが一般的です。
治療期間
小児矯正には、「第一期治療」と「第二期治療」があり、顎の成長や歯並びによって、最適な治療が分かれます。このため、治療計画によって治療期間は変わります。
第一期治療の場合 乳歯・乳歯と永久歯がまざった時期に、永久歯がきれいに生えるように顎の成長やバランスをコントロールする治療です。歯並びによりますが6・7歳くらいに治療を開始して、治療期間は10ヵ月〜1年半が目安です。第一期治療が終わった後、永久歯が生えそろって第二期治療をはじめるまで、数年待つ場合もあります。
第二期治療の場合 永久歯が生えそろったあとに行う治療です。小学校高学年から中学生が目安です。治療期間は通常2年半〜3年程度です。
矯正歯科サンプル
1期治療の例
7歳男子 前歯反対咬合 治療期間3ヶ月 矯正歯科サンプル
2期治療の例
13歳女子 上顎上顎前突 治療期間2年6ヶ月 矯正歯科サンプル
矯正治療の留意事項

虫歯や歯周病は、糖分の多いものを食べたり、歯磨きをしないことによっておこります。これは、矯正治療をしない場合でもおこりますが、矯正装置を装着している場合はより起こりやすくなります。

何人かの患者さんには歯根吸収が発生することがあります。通常、この歯根吸収はわずかで目立たないものです。歯の寿命や安定性、動揺に影響することはあまりありません。

矯正装置はいくつもの小さな器具からできています。ゆるみや破損、口のまわりへの打撃などによって、頬の内側や唇が傷つくこともあります。ワイヤーを調節した後の違和感(歯が浮いたような感覚)は、通常は24-48時間続きます。何かこわれたり、緩くなっているのに気づいた場合は、直ちにご連絡ください。

歯は矯正治療終了直後は特に不安定でそのままでは後もどりを起こしてしまいます。保定装置(リテーナー)を装着することにより歯を安定させ後戻りを少なくします。

大人の矯正

歯列矯正は成長期にある子供の時期に始めるのが最適です。しかし、子供の時期には、本人の希望よりも周囲の希望が優先されることが多く、せっかく良い時期に歯列矯正治療を始めたとしても本人のやる気が伴わず治療の進み方や結果が悪い場合もあります。
成人になると矯正力に対する組織の反応が遅いため、治療には時間がかかりますが、自分の意志で、自己負担にて治療に臨まれるため、効率的に治療が進むことも少なくありません。
口元の審美面の改善は、コンプレックスを無くし、心理的な自信につながり、社会生活を営む上で仕事や人間関係等に好影響を及ぼします。
単によく噛めるようになるという次元に留まらず、社会生活の充実につながるようです。

矯正歯科サンプル
治療にかかる費用
1期治療 診断料 68,000円
装置・施術料 100,000円
月調整料 3,000円
2期治療 診断料 136,000円

※1期治療を受けられた方は半額

装置・施術料 500,000円
月調整料 6,000円
保定料 65,000円

※個々で若干異なる事もあり、おおよその値段とお考えください(消費税は別途かかります)。

診療時間
 9:00
 〜13:00
14:00
 〜18:30
休診休診
休診休診

堀川歯科診療所
〒862-0922
熊本県熊本市東区三郎1丁目10-23
TEL 096-381-5346