weed

歯ぎしりは歯に悪いの?

熊本市東区堀川歯科診療所 ホーム > お口の豆知識

歯ぎしりは歯に悪いの?

 

皆さんは、家族やパートナーの方に「寝ているとき歯ぎしりしてたよ」と

言われたことがあったり、

自分の歯ぎしりの音で目が覚めてしまったりしたことはありませんか?

しかし、歯ぎしりが具体的にどう悪いのかなど分からないと思います!

今回は「歯ぎしり」についてのお話をしていきたいと思います♪

 

 

1.歯ぎしりのタイプ

 

(1)グライディング

上下の歯をギシギシとこすりあわせる一般的なタイプ

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0

 

(2)クレンチング

無意識に歯を強くかみしめたり、食いしばってしまうタイプ

%e3%82%af%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%81%e3%83%b3%e3%82%b0

 

(3)タッピング

歯をカチカチと素早く合わせるタイプ

%e3%82%bf%e3%83%83%e3%83%94%e3%83%b3%e3%82%b0

 

 

2.歯ぎしりの原因

諸説ありますが、主に4つの原因があると考えられています。

 

(1)ストレス

一番多い原因と言われているのが「ストレス」です。

ストレスに対して起こる自己防衛反応のようなものだと考えられています。

 

(2)咬み合わせの悪さ

歯並びが悪かったり、むし歯の治療でつめたものや被せ物の高さがあっていないなど、

顎の筋肉のバランスが悪いことが原因で歯ぎしりが起こると言われています。

 

(3)喫煙・飲酒

アルコールやニコチンが、歯ぎしりと関連する原因と言われています。

 

(4)逆流性食道炎

*逆流性食道炎:人が横になることにより胃液が食道に逆流し、胸やけを起こす病気。

食道に逆流した胃液を戻そうとして歯ぎしりをしている可能性があると言われています。

 

 

3.歯ぎしりによる影響

・歯がすり減って削れてしまう(歯がしみる)

・歯にヒビが入る(割れる)

・顎関節症

・口の周囲の筋肉が張る

・肩こり

・緊張型頭痛

 

 

4.歯ぎしり治療

 

(1)ナイトガード(マウスピース)

ナイトガードは歯のすり減りを防止するものであり、

歯ぎしりを止めるものではありません。

市販のナイトガードなどもありますが、自分にあったものではない場合

かみ合わせが悪くなってしまったりする可能性もあります。

ナイトガードは必ず歯科医院で作るようにしましょう。

歯科医院では、一人ずつ歯型をとり、個人に合ったものを作製します!

健康保険内で作成できますので、ぜひ一度ご相談ください!

 

naito

 

(2)矯正治療

歯並びがよい方でも歯ぎしりをされる方はいらっしゃるので、

歯ぎしりが止まるとは限りませんが、

咬み合わせの問題で歯ぎしりが起こっている方には有効な手段だと思います。

 

 

歯ぎしりをしている自覚があったり、

家族や周りの方に指摘されたりした経験がある方は

気軽に相談してくださいね♪

 

お口の豆知識

2016.11.30(水)

診療時間
 9:00
 〜13:00
14:00
 〜18:30
休診休診
休診休診

堀川歯科診療所
〒862-0922
熊本県熊本市東区三郎1丁目10-23
TEL 096-381-5346