weed

「神経をとる」ってどういうこと?

熊本市東区堀川歯科診療所 ホーム > お口の豆知識

「神経をとる」ってどういうこと?

 

皆さんは歯医者で「神経をとります」や「根の治療をしていきます」など

言われたことをありませんか?

 

神経をとるってどういうことなんだろう?と

疑問に思われた方がいらっしゃると思います。

今回は、根の治療についてご説明したいと思います!!

 

 

*神経の治療の種類

 

①生きている神経をとる処置

むし歯が大きくなってしまい神経まで達したり、神経に近くなると痛みが出たり、冷たいもの・温かいものしみてきます。

このような場合に神経を取る処置をしなければならなくなります。

 

image1

神経が生きているというのは、

むし歯や冷水などの刺激があると痛みが出てしまう状態のことです。

 

 

②死んでしまった神経をとる処置

むし歯が根の先まで細菌に感染し、神経が死んでしまうと

根の先に膿がたまってしまいます。

症状:歯ぐきが腫れる、歯が浮いたような感覚

image2

死んでしまった神経とは、一般的に

むし歯や冷水などの刺激があっても痛みがない状態のことです。

 

*神経の治療の流れ

1.神経をとる処置

①むし歯や細菌におかされた部分を

ドリルのような機械で水を出しながら削っていきます。

image3

 

②神経の入口が分かったら、リーマー・ファイルという針のような器具を中に入れて、

根の長さをレントゲンにて測定します。

%e9%96%80%e7%af%89%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%ae%e6%a0%b9%e6%b2%bb

 

③根の中をリーマー・ファイルでかきだして、神経をとりながら

根の中の形を徐々に大きくし整えていきます。

image1-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

 ※リーマー・ファイルは、色によって太さが異なり、

細いほう(左側)から順番に使っていきます!

 

④神経を取ってしまったら、根の中をオゾン水で綺麗に洗っていきます

%e7%a5%9e%e7%b5%8c%ef%bc%96

オゾン水:強力な殺菌力をもち、さらに体に非常に優しい安全な水

 

⑤棒の先に綿を巻いたもので根の中を乾燥させます

%e7%a5%9e%e7%b5%8c%ef%bc%94

 

⑥綿の先にお薬をつけて、綿ごと根の中に入れておきます

%e7%a5%9e%e7%b5%8c%ef%bc%92

 

⑦仮のふたをします

%e7%a5%9e%e7%b5%8c%ef%bc%91

 

2.根の中のお薬を変えて炎症がおさまるのを待ちます。

その後、根の中の炎症がおさまるまで2~4回ほど、長い方で数か月をかけて

根の中を洗い、根の中のお薬を入れ替えていきます!

 

★★ 根の中の炎症がおさまるまで諦めずに通院をしましょう!!! ★★

 

3.最終的なお薬をつめます。

根の中の炎症がおさまってから、

最終的なお薬を根の中につめていきます。

%e7%a5%9e%e7%b5%8c%ef%bc%93

根の中が綺麗な方は、感染を防ぐために

神経を取った直後に根の中に最終的な薬をつめる場合もあります♪

 

4.土台、被せ物のセット

最終的なお薬を入れた後は、

土台を立てて、上から被せ物を被せる処置を行います!

%e7%a5%9e%e7%b5%8c%ef%bc%95

 

※土台、被せ物ともに様々な種類がございますので、

次回ご説明させていただきます!

 

★根の治療を成功させるうえで一番大切なことは、

最後まで諦めずに歯医者に通院することです!

途中で通院をやめてしまったりしないようにしてください。

治療を中断してしまうと、治らないどころか

細菌が増えて悪化してしまい、抜歯しなければいけなくなってしまうこともあります!

助かる歯を助けるために、根の治療を始めたら、治療が終わるまで頑張って通院しましょう!

 

 

お口の豆知識

2016.10.26(水)

診療時間
 9:00
 〜13:00
14:00
 〜18:30
休診休診
休診休診

堀川歯科診療所
〒862-0922
熊本県熊本市東区三郎1丁目10-23
TEL 096-381-5346